グレイストーンカレッジバンクーバー校 articles

樋高孝則さんのグレイストーンカレッジ留学体験談

樋高孝則さんのグレイストーンカレッジ留学体験談

バンクーバー留学までの経緯 日本でいろいろな国から来ている友人たちがいました。周りの日本人からどのように英語を身につけたのか、また勉強方法などの相談をうけることがあったのですが、具体的なアドバイスをすることができませんでした。自分の英語力にも不満があり、また今後は日本で英語を身につけたい人の助けになるようなことがしたいと考え、ILSCで語学留学、Greystone CollegeでTESOL英語教授法プログラムを受講しました。 その後、英語はただの教科ではなく、コミュニュケーションツールだと考えるようになり、英語を使って学び、働きたいと考えInternational Business Managementプログラムを受講することに決めました。 ILSCで語学留学 ILSCでは、Communication  I3の授業が印象的でした。2ヶ月目の授業だったのもありますが、初日に先生がホワイトボードに時計を書いて、クラス以外の時間にどのように英語を学び、練習し、使っていくかのアドバイスをしてくれたのを今でも覚えています。先生がおっしゃった通り、バンクーバーではクラス外でも英語に触れることができますが、クラスでの英語学習とは違い、積極的に英語に関わっていく必要があるので、とても良いレッスンだったと思います。 ILSCはどの先生も素晴らしく、毎セッション末のフィードバックを受けた後、次回またはその次のセッションで自分に足りないものを選択科目または学校外での自習を通じて学んでいくという過程を通じて英語力を伸ばせたと思います。 ライティングなどのアカデミッククラスの質が高く、自分では学習できない添削などを通じ、カレッジなどで必要な英語力を伸ばせたと思います。また映像制作やソーシャルメディアを通じて英語を学ぶクラスも普段のクラスでは学ぶことのできない分野の語彙などを学べました。ビジネス英語クラスには、インターナショナルビジネスやマネージメントなど複数のクラスがあり自分の興味に合わせて受講できます。ピンポイントでの英語力を強化したい方にも長期的に語学学校で学ぶ方にもおすすめできる学校だと感じました。 Greystone Collegeで専門分野を学ぶ Greystone Collegeはプログラムによって色がガラッと変わる学校という印象です。 TESOLプログラムは、少人数で先生と近い距離でアットホームに学ぶことができました。 プラクティカム(教育実習)では、ILSCの生徒さんたち向けのクラスで実際に英語を教えます。プログラムで学んだことのアウトプットを通じて、授業準備から実際の授業中に直面する難しい場面などを経験することができます。英語教員経験のある先生方が毎回の授業をチェックしてフィードバックをいただけたので、毎日新たな目標を自分で決定して実習に取り組みました。 International Business Managementは、本当にしっかりと勉強をしなければならないプログラムです。毎日教科書の次のチャプターを読み、授業後は復習をしてテストに備えました。しっかりとしたエッセイの提出を1ヶ月に2〜3回求められ、テストも長文の回答問題やエッセイ問題もあり、リーディング力とライティング力が一気に向上しました。毎セッション、1〜2回のプレゼンを通じてプレゼン慣れもでき、Co-op研修先でお客様の前でプレゼンする時も、以前よりは緊張しなくなりました。 Co-opプログラム*を選択すると、アカデミック期間と同じ期間Co-opとして実際に働くことできます。学校では、履歴書の作り方、模擬面接などの準備クラスなどもあり、実際に就職活動がスタートしたあとのアドバイザーによるサポートも充実していると感じました。私は就職活動中はほとんど毎日のようにカバーレター(日本ではあまりないかもしれませんがカナダでは提出を求める企業も多いです)の添削をアドバイザーにお願いしていました。 カナダでの就労経験があるというのは強みになりますし、就職活動のノウハウも学ぶことができるので、私のようにワーキングホリデーへ切り替えるを考えている方には、英語力とスキル向上のためにCo-opプログラムを受講するのも良いと感じました。 語学学校で「英語」の勉強をするのもとても良いと思いますが、英語は使った方が身につきます。英語を学ぶだけでなく、「英語を使っての学び」に興味のある方にはとてもお勧めしたい学校です。 先生、スタッフによる万全のサポート ILSCの先生方は、良い意味でバラエティー豊富な印象です。ライティングクラスを教えていただいた先生からはたくさんの生徒を添削してきた経験から的確に改善点のアドバイスをいただくことができましたし、映像制作やコミュニュケーションのクラスでは、エンターテイナーのような先生方と楽しく英語を練習することができます。どのクラスも先生もクオリティが高く驚きました。 受付をはじめとするスタッフの方々もフレンドリーで、特に私が受講したクラスが多かったキャンパスの受付の方とは学校の学習以外の相談なども聞いてもらっていました。現在でもたまに近況報告をしています。 Greystone CollageでInternational Business Managementを受講し始めたとき、個人的には難易度が高すぎると感じていたのですが、ディレクターのオフィスを訪れて弱音を聞いてもらってい、勉強を続けることができました。最終的にはアドバンスドまで受講し、そのクラスでアカデミックアワードを受賞できたことを報告できて嬉しかったのを覚えています。 Co-opの仕事探しは、海外でのはじめての就職活動になる方には大変だと思います。私も右も左もわからない状態だったのですが、Co-opアドバイザーが1からアドバイスをしてくれました。もちろん実際に仕事を探すのも自分なのですが、レジュメやカバーレターの書き方、仕事の探し方、面接時の服装やマナーまで必要な情報はすべていただけたと思います。 仕事で困った時も、相談にのっていただき、Co-opアドバイザーには本当に感謝をしています。 学校外での活動と留学後について 学校外では、勉強の場として現在もネルソンにあるカフェに毎日通っていいます。毎朝バリスタの方にHow are you? と話しかけていると、いまではすっかり友達になり、ご飯などにも行っています。毎朝いるので、常連の方々とも仲良くさせていただき、地元の方にお仕事探しのお手伝いまでしていただきました。テストで高得点をとるのももちろん大切かもしれませんが、近況報告や人生相談を英語で自由にできるようになれば、コミュニュケーションツールとして英語を使いこなしているという自信にもなります。 プログラム終了後にはワーキングホリデービザの切り替えをしてもう少しカナダに滞在する予定です。ILSC、Greystone Collageでは先生方、スタッフの方にとてもお世話になりました。プログラム終了後も遊びに行ってしまうと思います。ありがたいことに仕事のお誘いもいただいているのですが、少しゆっくりしてから、Greystone Collageで学んだことを活かし、またもう少し自立して次のステップに進んでいこうと考えております。   *Co-opプログラムとは、就労体験が含まれたプログラムで、授業で学んだ知識やスキルを、コースの後半に実際の就労体験を通して実践します。学習内容に準じ、学習目的と一致する就労体験先を学生自身での手配します。オリエンテーションと準備コースを通して、学生自身にふさわしいコープ就労体験を得るための準備をし、コープ期間中も担当のCO-OPアドバイザーから、プログラムを無事修了するために必要な全面的なサポートと指導を受けることができます。   ビデオで樋高孝則さんの留学体験談をご覧ください。

グレイストーンカレッジバンクーバー校カスタマーサービスディプロマプログラム卒業生あいりさん

バンクーバー社会人留学~語学学校からカレッジへ編入 カスタマーサービスプログラム留学体験談

社会人になってからも夢を捨てきれず留学 昔から英語を話せるようになって海外とつながりがある英語関係の仕事がしたいという夢がありました。大学を卒業して就職してからも、その夢が捨てきれず資金を貯めて留学をすることを決めました。 もともと私は英語が全然話せませんでした。英語を学ぶだけであれば日本でもできますが、留学をすることで、英語に囲まれた環境の中で英語を学びながら、留学先で日本ではできない経験や人との出会いを通じて視野も広げたいと思いました。 カナダは、ネットで調べたり、留学エージェントから話を聞いて、英語圏の中でも英語がきれいで、英語教育の質も高いということを知りました。カナダの人は外国人にもフレンドリーでやさしく、自然にも恵まれているところも魅力でした。

Greystone College TESOLプログラム卒業式

Greystone College バンクーバー校:TESOL TKT英語教授法プログラム体験談

Greystone College バンクーバー校で開講しているTESOL英語教授法プログラムのひとつ、Cambridge TESOL Diploma (TESOL TKT サーティフィケート4週間とTKT-Young Learner サーティフィケート4週間で構成) プログラムを修了した、菜摘さんと蘭子さんのお二人に、カナダ・バンクーバー留学の経緯からプログラムの感想まで、お話をお伺いしました。

グレイストーンカレッジのTESOLディプロマ

専門スキルアップ留学:TESOL英語教授法ディプロマ編

小学校の子どもたちに英語を教える準備のため留学 今日本の小学校では、すでに5、6年生で英語の授業を担任やネイティブの先生が行っています。2020年からは、小学校3年生から英語が必須となります。そうした状況をふまえ、自分でも英語を子どもたちに教えることができればと、TESOL英語教授法について学び、資格を得ることを目標に、留学をすることを決意しました。 学生時代から留学して英語を学びたいという希望がありましたが、なかなか実現せず、今回留学経験のある知り合いの先生からカナダでのご体験を聞き、留学先を自然が多いカナダのバンクーバーに決めました。

松井宏剛さんのILSCバンクーバー校&グレイストーンカレッジ専門スキルアップ留学体験談

英語のブラッシュアップと専門スキルアップ 一番の留学の目的は英語のブラッシュアップ、特にスピーキングを鍛えるためでした。大学4年生の時に初めてイギリスのマンチェスターに3ヶ月間留学をしたことがあり、それ以来機会があればもう一度留学したいと思っていました。 日本では教員をしていましたが、自分の力不足を常に感じていたので、語学力アップに加え、ILSCの姉妹校グレイストーンカレッジで、英語教育を専門的に学ぶことができると聞き、まずはILSCで英語をブラッシュアップして、その後グレイストーンカレッジのTESOL英語教授法のコースに編入したいと考えていました。

ILSC Greystone College Student Aki

カナダ語学+専門留学TESOL英語教授法ディプロマ

2度目の留学は「英語を学ぶ」から「英語で何かを学びたい」へ カナダに留学を決めた理由は、多民族国家なので日本にいるときよりも様々な文化を直接肌で感じることができ、視野が広がると思ったからです。ILSCには、はじめ4週間ほど留学しました。バンクーバーでの滞在経験や英語学習を通して、次は英語で何かを学びたいという希望のもと、もともと興味があった英語教授法の習得を目標に2度目の半年留学を決意しました。

Top

All ELICOS programs are part of the English Language Programs for International Students CRICOS Code: 060152J.
ILSC (Brisbane) PTY LTD is trading as ILSC-Brisbane, ILSC-Sydney, ILSC-Melbourne, ILSC-Adelaide, Greystone College and ILSC Australia RTO Number 31564, CRICOS Code: 02137M.
Greystone College of Business and Technology (Toronto) Inc. (Greystone College (Toronto)), Greystone College of Business and Technology (Greystone College (Vancouver)),
Collège Greystone (Greystone College (Montréal))and ILSC India PVT Ltd (operating as Greystone College (New Delhi)) herein collectively referred to as “Greystone College”.