オーストラリアシドニー大学休学長期留学体験談~和田奈菜子さん

ILSCシドニーキャンパスの和田さん

英語の実践を目標にコーヒー文化の盛んなオーストラリアに留学

一番の学習面での目的は、日本で学習した英語を実用出来るようになり、日常生活に困らない程度に話せるようになる事。また、日本では中々身につけにくい、発音やイントネーション、コロケーションを感覚的に習得する事を目的として留学しました。日本でもカフェで働いていたほど、コーヒーやカフェに興味がありました。オーストラリアはコーヒー文化が盛んだと聞いていたので、カフェワーククラスに挑戦する事も目的の一つでした。また生活面について、初めて親元を離れ生活をする事により、人間的な成長も期待できると考えていました。


滞在期間が10ヶ月と長かった為、多様なコースがあった事は魅力の一つでした。語学力をあげる事と、カフェワーククラスを受講出来る事の私の目的二点を抑えていたところは非常に大きかったと思います。また、ウェブサイトを拝見させていただいた際に、アクティビティの多さに驚き、ILSCのイベントも一つのコミュニケーションツール、英語を話せる機会として使っている事が伝わってきました。

オーストラリアのILSCカフェワークスキルクラス

念願のカフェワーククラスでコーヒー文化に浸る

カフェワーククラスでは、オーストラリアのコーヒーの種類を初めに認識し、実際にコーヒーをマニュアルで作る体験が出来ました。日本の多くのカフェでは、オートマチックが多いので貴重な体験になりました。オーストラリアのカフェ文化や歴史をのぞき見でき、街のカフェでもカスタマイズしながら、自分のオリジナルコーヒーをオーダーできるようになりました。午後のクラスの間に、コーヒーを他のクラスに販売しに行くため、他クラスの生徒の前でコーヒーについて説明もするため、もちろん英語の練習にもなります。私は、コーヒーを作る事に興味深かったため、先生との相談の上、学校のマシンでモーニングやブレイクタイムにもコーヒーを友人と共に、販売させていただいていました。その体験の良かった点は、知り合いが一気に増えた事、皆が、私の事をコーヒーガールと認識し、気軽に話しかけてくださったので、非常に居心地が良かったです。また、常にコミュニケーションを取っていたため、スピーキング力はそこでかなり鍛えられたと思います。

パブリックスピーキング英語クラスのアクティビティ

パブリップスピーキングクラスで自信をつける

印象的で非常に効率の良いクラスだなと感じたのが、パブリックスピーキングクラスです。他クラスに校内アクティビティの紹介をしに行きます。人前で話すのは緊張しますが、ミスを恐れずに話す事や、自信を持って話す事の初歩的段階を身につけられます。何を話すかを大体頭に入れるので英語のリズムや英語の語順感覚を養うのに最適でした。先生の言っている事が理解はできているが、全く話せなかった英語を「話す」というプロセスの初段階に持って行ってくれた授業でした。また、担当の先生はとても褒め上手で、生徒個々の美点を見つけスポットライトを当て、自信を与えてくれます。生徒に大きなメリットがある傍、学校側としても広報活動時間を削減しつつ、アクティビティの参加率の上昇にもなっているので、素晴らしいシステムだなと思いました。

ケンブリッジ英検マスタリープログラム

ケンブリッジ英検マスタリープログラムに挑戦

最後のケンブリッジ英検マスタリープログラムは滞在していた中で一番充実していた期間でした。少し背伸びをして、入ったクラスに初めはとても緊張していましたが、同じ目標に向かっている仲間から刺激を受けながら密度の濃い日々を過ごす事ができました。一番のメリットとしては、1ヶ月毎に1週間目に必ず自己紹介をする通常クラスと違い、三ヶ月間みっちりと同じ仲間と共に集中して受講出来る事でした。実際のケンブリッジ試験日に合わせて予定が組まれているため、試験を受ける人には最適なクラスでした。受験をするかしないかは、自分で決める事ができますが、私は受ける事を選択しました。試験に対するモチベーションが自分に集中力を与え、より飛躍のスピードにアクセルがかかると考えたからです。先生は、グラマーに秀でているため、基本となる時間軸等、日本語には存在しない物を理解できるよう細かく説明してくださいました。そして、生徒が英語を感覚的に理解する事が出来るように、実際に先生自身が実用出来る場面を作り説明してくれます。その説明はとても印象に残りやすいため、覚えるという感覚はありませんでした。英語を英語で理解する事の重要性、意見の主張の仕方、それを支える理由となる材料の探し方、英語をよりレベルアップするためのアプローチの仕方を学ぶ事ができました。基本的な事ですが、これからの英語の勉強の仕方となるヒントをたくさんいただきました。

ILSCシドニーキャンパスのコミュニティー

充実したサポート体制

学生アドバイザーには、本当にお世話になりました。ホリデーの使い方や、クラスの相談まで様々な不安要素を一緒に解決してくださり、決定するための判断材料を沢山提供していただきました。とても気さくでフレンドリーなので話し掛けやすく、相談に行ったときには毎回長話になってしまいます。

ILSCは英語オンリーポリシーがあり、生徒も先生も厳しく守っているため、常に英語を話すところが最大の魅力と言えます。他校で同じポリシーがあるが、守られていないという事を耳にした時は、この環境が当たり前ではない事知り、ILSCを選んで本当に良かったと思った瞬間でした。そして、先生方もイベントが大好きなため、盛り上がり方が日本とは違います。グリーンカードや、イエローカード等の、良い事をきっちりと評価する、悪い事には警告がかかる事も生徒のモチベーションを掴むとても良いシステムだと思います。認めてもらう事でまた頑張ろうと思えます。賞品もあるので生徒は俄然やる気になります!!

ILSCシドニー校のボランティアアクティビティ

ボランティアアクティビティも体験

アクティビティは非常に多く、友だちが増える機会にもなり、非常に良い経験ばかりでした。私は、カラーランのボランティアに参加させていただきましたが、ランナーを応援するとともに自分たちも楽しむ事ができました。さらに、終了とともにサーティフィケートをいただく事ができました。

放課後は、アクティビティへの参加や友だちとビーチに行ったりと活発的に過ごしていました。私は今でも連絡を取っているほど仲の良い友だちができたため、とにかく外に出かける事が楽しくて仕方ありませんでした。それから、カフェでアルバイトもしていました。資金面と、勉強面においてバイトをする事は非常に有益だと思います。

ウルル、オーストラリア東海岸への旅

オーストラリアの旅で大自然と人に触れる

旅にも出かけました。この大きなオーストラリアという国は、場所によって全く違う顔を持ち、行く先々で違う国にいるかのように感じさせてくれます。シドニーは何でも揃い、何不自由なく生活できますが、オーストラリアを肌で感じるには外に出る事が一番です。知らない環境に飛び込み、新たな仲間と共に過ごす事で気づく事がたくさんあります。私はウルルに3日間とイーストコーストをシドニーからケアンズにかけて1ヶ月一人旅をしました。日本では見られないような絶景の数々に感動し、人の優しさに触れ、忘れられない思い出になりました。

これからは、多少何か不自由が起こったとしても簡単には物怖じしません。ほぼ日本人のいない環境の中で、同じような旅をしているいろいろな国籍の仲間と意見を交換する事は非常に刺激を受けたし、日本や自分というものを客観的に見る良い機会となりました。アクセントの違いを肌で体感し、自分が聞き損ねるとリスクを伴うという緊張感からリスニング力はかなり鍛えられたと思います。笑

ILSCシドニー校の卒業式

最高の環境で最高の仲間と共に過ごした「時間」

人それぞれ何に幸せを感じるかは違うと思いますが、時間の使い方次第でいくらでもいい瞬間を沢山自分で作っていけると思います。学校外での活動は意外と重要だったりします。もちろん大変な事も沢山あったし、ホームシックになる時期もありましたが、最高の環境で最高の仲間と共に過ごした「時間」が私にとっての一番の幸せでした。

帰国後は、大学を休学しているため、大学生活を再開します。オーストラリアに来て、自分の物の見え方や性格が変わってきているため日本に帰り、日本がどのように自分の目に映るのか楽しみです。自分の好きな事、やりたい事を再確認できたため、そちらを勉強していきたいと思います。並行して、英語の勉強もクラスで得たヒントを元に、インプットを増やしていきたいと思います。アウトプットをする機会が減るのは確実なので、それを補うアルバイトやコミュニティーを探して、これからも継続していきたいと思います。

 

ILSCシドニーキャンパス紹介ビデオをご覧ください。
⇒ YouTubeチャンネル登録はこちら

Related posts

Top

All ELICOS programs are part of the English Language Programs for International Students CRICOS Code: 060152J.
ILSC (Brisbane) PTY LTD is trading as ILSC-Brisbane, ILSC-Sydney, ILSC-Melbourne, ILSC-Adelaide, Greystone College and ILSC Australia RTO Number 31564, CRICOS Code: 02137M.
Greystone College of Business and Technology (Toronto) Inc. (Greystone College (Toronto)), Greystone College of Business and Technology (Greystone College (Vancouver)),
Collège Greystone (Greystone College (Montréal))and ILSC India PVT Ltd (operating as Greystone College (New Delhi)) herein collectively referred to as “Greystone College”.