オーストラリアメルボルン留学体験談~千葉真大さん

ILSCメルボルンキャンパスの千葉さん

英語力を身につけ、様々な人々と触れ合うためメルボルン留学

ネット上でたまたまILSCメルボルン校を目にし、世界の語学学校ランキングでILSCグループの何校かが上位に入っているのを知ったり、イングリッシュ・オンリー・ポリシーの存在を知ったりして、この学校は信頼できると思い、入学を決めました。

クラスでは、各教師ごとに異なった教え方があり、それぞれが魅力的でした。特に印象に残っているものは、クラスの核である教師陣とクラスメートのレベルが、常に自分より一歩先にあったことです。そのおかげでモチベーションをキープでき、良い意味で常に言語習得の必要性を感じることができました。

ILSCメルボルン校のクラスルーム

レベルの高いクラスメートと一緒に学ぶ意義

特に私の場合は、中級から上級の生徒が混ざったクラスでずっと学んでいたことが幸運でした。彼らくらいのレベルになると、皆豊かな経験や考え方を積極的にシェアし合おうとするので、議論も有意義でした。また、英語ができるかできないかといった能力はほとんど気にせずに、間違いを恐れずに間違いから学ぼうとするポジティブな空気がクラス全体にあったように思います。先生方も、教師対生徒という構図よりかは、対等な大人同士としてコミュニケーションをとってくださったので、いつでも質問したり冗談を言ったりできました。何より、シンプルに、英語は楽しいものだと気づけて良かったです。

クラスメートと英語によるディカッション

英語を「使う」場が必要

クラスのスタイルでいうと、意外と、ただテーマに沿ってみんなで話すシンプルな場が好きでした。と言いますのも、日本の学校では知識重視型の英語教育を受けて育ってきたので、英語を学ぶというよりも英語を「使う」場というのが、私には一番必要だったと思うからです。おかげで、実際に話したり聞くことに少しは慣れたと思います。そして、クラスメートには中南米系やヨーロッパ系の生徒が多めで、よく言われるように、彼らは皆臆することなく話すので、常にいい意味で程よいサバイバル感がありました。

世界各国から集う生徒との交流

アクティビティで他生徒との交流も充実

メルボルン校では、いつも新しさ、新鮮さ、変化を感じながら学校生活を楽しむことができました。教員・スタッフの皆さんも、常にポジティブな態度で生徒に接していましたし、アクティビティや各種景品、ネットやソーシャルメディアの活用など、学校生活や英語学習を楽しんで行えるような工夫がたくさんあったと思います。また、アットホームな雰囲気で、相談環境も整っていました。皆、生徒たちの要望にも親身に耳を傾けて柔軟に対応しようと努めていたかと思います。

ILSCメルボルン校のユニークなアクティビティ

卒業パーティーや季節ごとのユニークなアクティビティも

学校側が企画する様々なアクティビティや試みはとても素敵でした。私の場合は、就学期間中は色々と経験するよりも学習に専念したかったので、学校と家を往復することが多かったのですが、それでも興味のあるアクティビティや交流パーティーは大いに楽しみました。

特に好きだったのは、各セッションの終わりの日に行われる卒業パーティーで、クラスメートや学校の友達とはもちろん、先生方ともカジュアルに話せる良い機会でした。いくつかのイベントでは、フリードリンク&フードや安くなるチケットがあり、生徒たちに対してとても良心的だったと思います。ハロウィンやクリスマスのイベントも非日常感があって楽しかったです。

メルボルン校の卒業パーティー

キャンパスは都心の便利なロケーション

また、学校のロケーションが良く、サザンクロス駅というハブステーションの本当にすぐ目の前にあり、フリートラムゾーン内でもあったので、放課後のメルボルン市内の観光や友達との交流も気軽にできました。私は仕事はしていなかったのですが、もしも就学中にアルバイト等をするなら、仕事場へのアクセスも良いのではないかと思います。

初めて海外留学をしてみて、世界中の人々に対して漠然と描いていた憧れが良い意味で消えて、「あ、結局みんな普通に人間なんだな。単に話す言葉が違うだけで。」と気づくことができました。そのおかげで、日本対外国という線引きも薄れ、世界の中の一国としての日本の良さや独自性を強く認識するようになりました。ですので、恐らく将来的には、日本に住みながら世界の人々と交流したり刺激し合うという在り方が自分には向いているかと思います。何れにせよ、何らかの形では世界と関わっていきたいです。

 

千葉さんも登場するILSCメルボルン案内ビデオをご覧ください。
⇒ YouTubeチャンネル登録はこちら

Related posts

Top

All ELICOS programs are part of the English Language Programs for International Students CRICOS Code: 060152J.
ILSC (Brisbane) PTY LTD is trading as ILSC-Brisbane, ILSC-Sydney, ILSC-Melbourne, ILSC-Adelaide, Greystone College and ILSC Australia RTO Number 31564, CRICOS Code: 02137M.
Greystone College of Business and Technology (Toronto) Inc. (Greystone College (Toronto)), Greystone College of Business and Technology (Greystone College (Vancouver)),
Collège Greystone (Greystone College (Montréal))and ILSC India PVT Ltd (operating as Greystone College (New Delhi)) herein collectively referred to as “Greystone College”.