ILSC最新情報 articles

松井宏剛さんのILSCバンクーバー校&グレイストーンカレッジ専門スキルアップ留学体験談

松井宏剛さんのILSCバンクーバー校&グレイストーンカレッジ専門スキルアップ留学体験談

英語のブラッシュアップと専門スキルアップ 一番の留学の目的は英語のブラッシュアップ、特にスピーキングを鍛えるためでした。大学4年生の時に初めてイギリスのマンチェスターに3ヶ月間留学をしたことがあり、それ以来機会があればもう一度留学したいと思っていました。 日本では教員をしていましたが、自分の力不足を常に感じていたので、語学力アップに加え、ILSCの姉妹校グレイストーンカレッジで、英語教育を専門的に学ぶことができると聞き、まずはILSCで英語をブラッシュアップして、その後グレイストーンカレッジのTESOL英語教授法のコースに編入したいと考えていました。

ILSC Greystone College Student Aki

カナダ専門留学Greystone CollegeでTESOL英語教授法の資格取得

2度目の留学は「英語を学ぶ」から「英語で何かを学びたい」へ カナダに留学を決めた理由は、多民族国家なので日本にいるときよりも様々な文化を直接肌で感じることができ、視野が広がると思ったからです。ILSCには、はじめ4週間ほど留学しました。バンクーバーでの滞在経験や英語学習を通して、次は英語で何かを学びたいという希望のもと、もともと興味があった英語教授法の習得を目標に2度目の半年留学を決意しました。 ILSCへの決め手は、自分でクラスを決められることが一番の魅力だったからです。また他の学校にはない独特の授業があるのもILSCに決めた一つの理由です。そしてGreystone College(専門学校)と姉妹校のため、自分が興味のある分野(私の場合は英語教授法)に、レベルが到達すれば、いつでも転校できるのも良いなと思ったからです。

イチゴさんのジュニアキャンプ留学体験談

バンクーバーの大学キャンパスに滞在するILSCのジュニアキャンプに参加 留学の一番の目的は、英語の勉強です。いろいろな国の人とコミュニケーションをとってみたいと思いました。大学の寮にも泊まってみたかったので、ILSCのジュニアキャンプ at UBC(ブリティッシュコロンビア大学)を選びました。

メルボルン~シドニー自転車横断:Adoさんのがん研究支援チャリティーライド

ILSCメルボルン校のAdoさん ILSCメルボルン校で学ぶコロンビア人留学生Adonai Veraさんは、この度メルボルンからシドニーまで全1,000kmにおよぶ自転車横断のチャリティーサイクリングに挑戦します。ヘルスプロモーションを目的とするチャリティー団体Steer Northによって企画された12日間におよぶ自転車の旅は、がん研究を支援する募金活動を目的としています。がんという病気は、Adoさんにとっても無視することのできないトピックでした。Adoさんはすでに ILSCメルボルン校で卓球大会やサルサダンスクラスといった様々なアクティビティーを通じて募金活動を始めています。

ILSC夏の思い出フォトコンテスト2017

「ILSC夏の思い出フォトコンテスト2017」のご案内   ILSCジャパンでは、この夏日本からILSCのバンクーバー、トロント、モントリオール、サンフランシスコ、ニューヨーク、ブリスベン、シドニー、メルボルン、ニューデリーの9キャンパスに留学をしている、またはこれまでにILSCで学んだ日本の学生を対象に、ILSCでの「夏の思い出」をテーマにフォトコンテストを開催します。 ご応募いただいたお写真の中から、ILSCの審査陣により最優秀作品を選定、素敵な賞品を贈呈いたします。 応募作品は、ILSCジャパン公式フェイスブックページでご案内し、みなさんとILSCでの夏の思い出をシェアします。ふるってご応募ください。

エリチカさんのニューヨーク留学体験談

音楽に惹かれ、憧れのニューヨークへ留学 留学を決めた理由は、英語の歌を英語で上手く歌えるようになりたいとの思いがどんどん大きくなってきたからでした。高校生のときからR&B、ジャズ、ブラックミュージックといったジャンルの音楽に惹かれ、その本場でもあるニューヨークに憧れていました。今ニューヨーク留学でその夢がひとつ叶いました。  

サンフランシスコ留学体験談

ILSCサンフランシスコ校フェイスブック投稿より   サンフランシスコに留学、ILSCサンフランシスコ校で学んだタカヒロさん   サンフランシスコに3ヶ月間滞在しました。そんなに長い期間ではありませんでしたが、これまでの人生の中で一番やりがいがあり、刺激的で、とてもすばらしい時間となりました。旅を始める前にはとてもナーバスになっていました。でもそれは不思議なことではありませんでした。当時はおかしな英語のフレーズを使っていたので、自分の話す英語がなかなか通じませんでしたし、アメリカには知り合いもいなかったからです。数日経つと、英語のスキルのなかでも特にリスニングとスピーキング力のなさにイライラし始めました。「思うように話せない。」と真剣に悩みました。

竹田学さんのニューヨーク長期留学体験談

英語の習得へ向け憧れのニューヨークに留学 日本の大学で英米文学を専攻し、英語を話せるようになりたいとの思いから大学を休学して留学をしました。また、将来はグラフィックデザイナーになりたいと思っており、海外でのボランティア体験をその後の就職活動にも活かせればと考えていました。 子供のころに音楽や映画の魅力に惹かれてから、映画を観たり、絵を描いたり、音楽を聴くことはもちろん、作曲をすることにも興味を持ち、時間を注いできました。 ニューヨークは映画の舞台になったり、音楽が有名な街でもあり、ILSCニューヨーク校では選べる授業の種類が豊富にあるということで、ニューヨークへの留学を決めました。

木村麗夫さんのモントリオール留学体験談

英語とフランス語のバイリンガル都市モントリオールに留学 留学を決意したのは、留学経験や英語のスキルアップが将来の就職につながると考えたからです。日本の大学では、第二外国語でフランス語を専攻していたことから、フランス語が話される環境に興味があり、フランス語と英語が両方使われているモントリオールに留学を決めました。また、そのモントリオールに学校があり、評判がよかったので、ILSCを留学先に選びました。

井上景可さんのグレイストーンカレッジTESOLディプロマプログラム留学体験談

TESOL英語教授法の資格を取得するため留学 大学時代から学生講師として英語指導に携わっておりました。本来ならばそのまま予備校業界へ就職する予定でしたが、実際の教育現場で抱いた日本の英語指導とネイティヴメゾットの相違点、細かい英語表現のニュアンス、そして今後日本で展開される4技能教育の導入へ向けた指導法を研究する必要を感じていました。そこで、留学をしてTESOL英語教授法の資格を取得することに決めました。  

Top