Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

留学生体験談 articles

グレイストーンカレッジ修了式

大学休学バンクーバー留学体験談~ケンブリッジ英検とカレッジ編入

大学休学バンクーバー留学体験談~ケンブリッジ英検とカレッジ編入

大学を休学して1年間のカナダ・バンクーバー留学 小学6年生から英語を学び、それからずっと英語が好きで、大学進学も迷うことなく外国語大学を選択しました。大学3回生の後期に、英語を完成した武器にしたいという思いから、1年間の留学を決めました。カナダは、自然がきれいで治安もいいイメージがあり、中学時代の塾の先生の知り合いのカナダ人が家にホームステイをしたこともあり、留学先として決めていました。 ケンブリッジ英検合格を目指す エージェントに勧められ、1か月ごとに成績表でレベルの進捗を確認でき、レベルにより授業の選択ができるところに魅力を感じ、ILSCを選びました。まずは、半年間でケンブリッジ大学英語検定B2-First (FCE) の取得を目指しました。外国語大学出身ということで自分は英語ができると思っていましたが、ケンブリッジ英検のコースには、ヨーロッパの学生が多く、レベルの高さにびっくりすると同時に、やる気にもなりました。ケンブリッジ大学英語検定の先生はスマートで、どんな質問にも答えてくれました。 授業の内容は、午前中はケンブリッジ英語検定試験を受けるための問題、午後の授業では、ニュース映像、リスニングなど、より実践的に英語を学びました。クラスメートとは、授業中はもちろん、休み時間、授業外でも食事に行ったりと、スピーキングの練習にもなり、実際に使える英語をクラスメートと一緒に学ぶことができました。ケンブリッジの先生やクラスメートのおかげで予定していたよりもさらに英語を向上することができ、その次のケンブリッジ英検C1 Advanced (CAE) に進み、半年で2つの試験に合格することができました。 半年で2つのケンブリッジ英検試験に合格 カレッジで新たなチャレンジ 残りの期間は、学生アドバイザーに相談しながら、英語だけでなく専門知識も学べるコースを受講することにしました。色々な候補の中から、レベルの高いプログラムで英語の力試しをしたいのと、2か月でカナダのカレッジのBusiness Communicationサーティフィケートが取得できるということで、ILSCのグループ校Greystone Collegeのビジネスプログラムを選びました。サーティフィケートの取得には、それぞれ1か月間の2つのコースを受講する必要がありました。 「Organizational Behavior(組織行動論)」では、交渉術や性格診断などについて学び、理論だけでなく、実際のビジネス上の決断や選択をする際の方法を実践的なアクティビティなどを通じて学びます。日本の大学のように講義中心、理論中心というより、思っていたよりもアクティビティなども多く、英語もかなり身に着いていたので、スムーズに教科書の内容も理解できました。 「Managerial Communication(経営管理上のコミュニケーション)」は、アクティビティも多く、より実践的に、実際に使えるプレゼンテーション、レポート、提案書の作成と方法について学びます。授業では、2回のプレゼンテーションの機会があり、自分で題材を決めてプレゼンテーションを準備し、先生とクラスメートからのフィードバックをもらい改善をします。また、コミュニケーションの内容や直接相手とやりとりをする際のテクニックなどについても学びました。地元の企業を訪問し、現場の視察もありました。 無事2つのコースを2か月間で修了し、カナダのカレッジのビジネスコミュニケーションサーティフィケートを取得して卒業することができました。 カレッジでビジネスコミュニケーションサーティフィケートを取得 ホームステイでカナダ文化に触れる また、バンクーバーでの滞在はホームステイで、家族と一緒にハイキングをしたり、アイスホッケーの試合にも行きました。家にはペットの犬と猫が一匹ずついて、特に猫がなついてくれてとてもかわいかったです。ホームステイを通じてサンクスギビングやクリスマスといったカナダの文化に触れることができ、特にクリスマスは、ツリーのまわりに山のようなプレゼントが積み上げられ、家族みんなでプレゼント交換をするカナダらしい文化を体験することができました。 学校の友達とは年越しをお祝いしたり、アクティビティでシアトルに行ったり、仲良くなった友達の帰国前に食事会などをしました。日本好きな人も多く、アニメやゲームの共通の話題で盛り上がることもありました。世界中に友達ができ、語学学校に行って本当によかったと思います。 留学は就職活動はもちろん、これからの人生にも役に立つ経験となりました。留学を通じて、英語の向上はもちろんですが、もっと上を目指したい、限界に挑戦をして自分を高めたいという向上心がつきました。また、今まで出会ったことのないタイプの人に出会ったり、違う文化に触れることで、視野も広がりました。 また、留学中には英語が伸びない時期が2、3回ありました。親に相談をしたりもしましたが、せっかくカナダに来たからにはと覚悟を決め、壁にぶつかっても続けていけば乗り越えられるという自信にもつながりました。目標に向かって計画立てて物事を進めていけるようになりました。 将来の目標へ向かって 自分が将来何がしたいかというイメージも浮かんできました。地方公務員になり地域社会に貢献するか、商社に就職をして英語を使って国際的に活躍するか、就職活動に向けてもう少し考えていきたいと思っています。

グレイストーンカレッジバンクーバー校カスタマーサービスディプロマプログラム卒業生あいりさん

バンクーバー社会人留学~語学学校からカレッジへ編入 カスタマーサービスプログラム留学体験談

社会人になってからも夢を捨てきれず留学 昔から英語を話せるようになって海外とつながりがある英語関係の仕事がしたいという夢がありました。大学を卒業して就職してからも、その夢が捨てきれず資金を貯めて留学をすることを決めました。 もともと私は英語が全然話せませんでした。英語を学ぶだけであれば日本でもできますが、留学をすることで、英語に囲まれた環境の中で英語を学びながら、留学先で日本ではできない経験や人との出会いを通じて視野も広げたいと思いました。 カナダは、ネットで調べたり、留学エージェントから話を聞いて、英語圏の中でも英語がきれいで、英語教育の質も高いということを知りました。カナダの人は外国人にもフレンドリーでやさしく、自然にも恵まれているところも魅力でした。 語学学校で英語力を向上 エージェントに勧められ、規模も大きく実績もあり、学生の国籍のバランスもいい ILSCで英語のスキルを上げ、その後姉妹校の Greystone Collegeの Diploma in Customer Serviceプログラムで学ぶことにしました。大学まで英語を勉強はしていたけれど日本では英語を使う機会は全くなかったので、留学を始めた時には、一番下のレベルのB1からスタートし、Greystone Collegeの Diploma in Customer Serviceプログラムに進学できるB4までレベルを上げる必要がありました。 ILSCのクラスで一番印象に残っているクラスは、まだ留学したばかりのころの基礎英語のクラスです。クラスメイトはほとんどが自分より年上で、落ち着いた雰囲気のクラスでした。しかし、陽気なブラジル人とメキシコ人がいたのでいつも賑やかで楽しいクラスでした。先生はフレンドリーで面白い方だったので、みんなから人気もあり、授業ではゲームやアクティビティを取り入れて英語を教えていたので、初級の私には楽しみながら英語を学ぶことが出来ました。その頃は毎日学校に行って、英語を学ぶことが本当に楽しみでした。クラスメイトもフレンドリーでとても優しかったので、みんなのことが大好きで、今でも彼らとは連絡を取り合っています。ILSCでの4ヶ月間で目標の英語レベルに到達することができ、Greystone Collegeに無事進学できました。 カナダのカレッジでカスタマーサービスを学ぶ Greystone Collegeの Diploma in Customer Serviceプログラムを選んだ理由は2つあります。1つはカナダにワーキングホリデーで滞在をして、ホテルやカフェ、レストランなどで働きたいと思っていたのと、もう1つには、日本に帰った後も、このプログラムで学んだことを活かせるからです。 Diploma in Customer Serviceプログラムでは、カスタマーサービスの基礎を全般的に英語で学びます。ビジネスレターの書き方や基本的なコンピュータースキル、ホスピタリティやツーリズム業界に関する知識も学びました。カスタマーサービスの授業では、チームワークの大切さも学びました。仕事は1人でするものではなく、みんなでフォローし合って、同じ方向に向かって進むことが大事だということが再確認できました。 カナダの職場や労働環境を知るいい機会にもなりました。カナダでは差別がなく、職場や職業に対する男女の差を意識することがあまりないそうです。女性服の専門店で男性店員が働くこともあり、それを女性が気にすることもあまりありません。また、就職活動の際に年齢制限をしたり、年齢を聞くことが違法だということも知りました。 普段の生活のなかでも、仕事とプライべートのけじめがしっかりとれていて、夕方にキツラノビーチで仕事を終えた後にのんびりしている人をたくさん見かけました。日本との違いが感じられました。 特に印象に残っているクラスは、Hospitality, Tourism & Travel Industry Informationです。課題も多く、スピーチやプレゼンテーションの準備も大変でした。特に5分間スピーチでは、準備をしたものを3分間で話した後、残りの2分間に先生から与えられるランダムな質問にアドリブで答えなければいけませんでした。英語でうまく伝えることに苦労しましたが、実際の社会に出て、働くときのとっさの対応力をつけるためのいい練習になりました。 先生はアメとムチを上手に使う方で、厳しいプレゼンテーションの後には、ケーキを焼いてもってきてくれたり、厳しくもあり優しくもありました。当初厳しい部分に不安もありましたが、学校のスタッフの皆さんにも励まされ、終わってみると実際の職場でためになることがたくさんあり、ひとつの試練を乗り越え、成長できたなと感じられました。 卒業後はワーキングホリデーで学んだスキルを実践 ILSCから Greystone Collegeに移ったばかりの頃は、クラスメイトとのレベルの差を感じて本当にやっていけるか不安で正直、ILSCに戻るか悩んでいました。しかし、韓国人の友達やクラスメイト、そして先生がサポートしてくれ、無事に Diplomaを取得することができました。諦めずに最後までやり遂げることができて良かったなと思っています。 またILSCはアクティビティも豊富で、一番思い出に残っているのは、アクティビティでロッキー山脈に行ったことです。空気が澄んでいてエメラルド色の湖がとても綺麗でした。山火事の影響でベストな状態でみることはできませんでしたが、また行きたいと思えるすばらしい場所でした。 プログラム修了後は、ワーキングホリデーでもう1年カナダに滞在します。カスタマーサービスで学んだ内容を活かせる、ホテル関係の仕事かカフェやレストランの仕事をしたいと思っています。このままバンクーバーに滞在をするか、これから観光のシーズンで忙しくなるロッキー山脈観光の拠点バンフに移動するか考えているところです。

Greystone College TESOLプログラム卒業式

Greystone College バンクーバー校:TESOL TKT英語教授法プログラム体験談

Greystone College バンクーバー校で開講しているTESOL英語教授法プログラムのひとつ、Cambridge TESOL Diploma (TESOL TKT サーティフィケート4週間とTKT-Young Learner サーティフィケート4週間で構成) プログラムを修了した、菜摘さんと蘭子さんのお二人に、カナダ・バンクーバー留学の経緯からプログラムの感想まで、お話をお伺いしました。

クリエイティブイングリッシュ演劇クラス

クリエイティブイングリッシュ演劇クラス体験談:西村桃香さんのバンクーバー留学

大学の専攻が英文学科なので、英語の上達はもちろん大学を卒業する前に夢の一つを実現するために、バンクーバーに留学しました。 約一年間の留学を考えていたので、通い続けても飽きの来ない語学学校が良いと思っていました。また、ケンブリッジ英検を受けることを留学前から考えており、ILSCはクラスも選択制で、種類も豊富だったので、ILSCで学ぶことに決めました。 Acting(演劇)クラスは、私にとってとても貴重な経験をすることができたクラスの一つでした。他のクラスとは違い常に創造力豊かであることや自分の殻を破ることを必要とする授業でした。

林田知佳さんのモントリオール留学&ワーホリ体験談

ワーキングホリデーでモントリオールへ カナダのワーキングホリデービザを取得して、語学学校に通ったり、働く経験をする以外に、様々な芸術に触れながら自分の感性を磨こうと思いました。モントリオールを留学先に選んだのは、芸術が好きなので、お洒落な町並みや、色んなアートを体験できる場所だと思ったからです。また、ニューヨークからも比較的近いので、遊びに行きやすいというのもありました。

しおんさんのモントリオール留学体験談

英語に浸る環境で英語力の向上を 英語力(特にスピーキング)の向上、異文化交流、活きた英語を学ぶ為にカナダでの留学を決めました。ILSCではレベルが細かく分かれている為、自分に適した授業を受けられましたると思ったのと、規模が大きくしっかりと管理された学習環境を得られると感じたため、ILSCを選びました。

大学2年の夏休み 樹さんのバンクーバー短期留学体験談

将来に向けた英語のブラッシュアップ 英語学習に熱心に取り組むための動機づけ(モチベーション)を目的として、今回の留学を決めました。 大学入学から2年が経ち専門科目の学習は充実する一方で、高校時代までに座学で磨いてきた英語力の衰えは顕著でした。理系学生は、将来的に多様な文化・言語圏の研究者との交流が求められるため筆記だけでなく、会話の部分も含めた多面的な英語力の充実が必須であるという認識は以前から持っていましたが、なかなか英語学習のための時間を確保することができていませんでした。 そこで、夏場にILSCバンクーバー校に通学した経験をもつ友人から、その設備や周辺の地理について話を聴いたことで関心を持ったことと、実際に大学生協でいただいたパンフレットを見て、細かいクラス分けや国籍の多様性、設備の充実に惹かれたからです。

仲宗根みなみさんの海外大学進学留学体験談

沖縄で経理の専門学校を卒業後、銀行に勤務していました。土地柄外国人のお客様も多く、英語が話せないことを不便に感じていました。そんな中、英語の流暢な同僚の留学経験の話を聞き、中学、高校時代から思っていた留学をしたいという気持ちが再び沸いてきて、抑えきれなくなり留学を決めました。  

松井宏剛さんのILSCバンクーバー校&グレイストーンカレッジ専門スキルアップ留学体験談

英語のブラッシュアップと専門スキルアップ 一番の留学の目的は英語のブラッシュアップ、特にスピーキングを鍛えるためでした。大学4年生の時に初めてイギリスのマンチェスターに3ヶ月間留学をしたことがあり、それ以来機会があればもう一度留学したいと思っていました。 日本では教員をしていましたが、自分の力不足を常に感じていたので、語学力アップに加え、ILSCの姉妹校グレイストーンカレッジで、英語教育を専門的に学ぶことができると聞き、まずはILSCで英語をブラッシュアップして、その後グレイストーンカレッジのTESOL英語教授法のコースに編入したいと考えていました。

ILSC Greystone College Student Aki

カナダ語学+専門留学TESOL英語教授法ディプロマ

2度目の留学は「英語を学ぶ」から「英語で何かを学びたい」へ カナダに留学を決めた理由は、多民族国家なので日本にいるときよりも様々な文化を直接肌で感じることができ、視野が広がると思ったからです。ILSCには、はじめ4週間ほど留学しました。バンクーバーでの滞在経験や英語学習を通して、次は英語で何かを学びたいという希望のもと、もともと興味があった英語教授法の習得を目標に2度目の半年留学を決意しました。

Top

All ELICOS programs are part of the English Language Programs for International Students CRICOS Code: 060152J.
ILSC (Brisbane) PTY LTD is trading as ILSC-Brisbane, ILSC-Sydney, ILSC-Melbourne, Greystone College and ILSC Australia RTO Number 31564, CRICOS Code: 02137M.
Greystone College of Business and Technology (Toronto) Inc. (Greystone College (Toronto)), Greystone College of Business and Technology (Greystone College (Vancouver)),
Collège Greystone (Greystone College (Montréal))and ILSC India PVT Ltd (operating as Greystone College (New Delhi)) herein collectively referred to as “Greystone College”.