イチゴさんのジュニアキャンプ留学体験談

バンクーバーの大学キャンパスに滞在するILSCのジュニアキャンプに参加

留学の一番の目的は、英語の勉強です。いろいろな国の人とコミュニケーションをとってみたいと思いました。大学の寮にも泊まってみたかったので、ILSCのジュニアキャンプ at UBC(ブリティッシュコロンビア大学)を選びました。

授業では、みんなでゲームをやったり映画を見れて楽しかったです。同じクラスでも、先生とペラペラ会話ができている子もいて、どうして自分と同じレベルのクラスにいるのか不思議でした。中国人の生徒はほとんどみんなレベルが高く、寮でのスタッフの人たちの話にもよく質問したり笑ったりしていたけれど、日本人はあまり聞き取れていないようでした。日本人の英語は遅れていると感じました。

日常の会話の英語が上達したと思います。話しかけられた時に、何か言えるようになりました。Where are you from? や How old are you? から話が広がることが多く、自分からも何度も話しかけることができました。
 

 
UBCキャンパスは広くて、きれいでした!大学の生活が感じられて興味深かったし、スタッフや生徒で面白い人がたくさんいて楽しかったです。始めは誰も友達がいなく、ルームメイトで仲良くなったアリスとそのお友達と一緒にいたので、中国人パワーに圧倒されて少し不安でした。

アリスは部屋ではいつもFacetimeや動画を見ていてにぎやかでした。それぞれの国から持ってきたお菓子を交換したりもしました。アリスが「中国の毛筆」と書いてくれて筆ペンをくれたので、私はありがとうの中国語を調べて「謝謝」と書いて日本から持って行った紙風船をお返しにプレゼントしました。日本人の子達の部屋にもよく遊びに行きました。
 

 
昼のアクティビティーではいろいろな人と英語で話をすることができました。自己紹介では、年齢と名前と住んでいる都市と、好きなアイスフレーバーを言い合いました。また、自分の好きな英語の音楽を一曲かける、という機会があって、自分の好きな曲をかけたり、自分も知っている洋楽がたくさんかかって楽しかったです。

バトミントンのアクティビティーでは、ペアになってラリーや対戦をしました。ダブルスの対戦では3位になりました。毎日みんなで「Octopus」というおにごっこみたいなゲームをして、それがとても楽しかったです。
 

 
ジュニアキャンプで一番の思い出は、いろいろある中からひとつ挙げるなら、夜のアクティビティーでのクイズ大会です。6人のチームでUBC内を回ってクイズに回答していくアクティビティーで、私たちのチームが全問答えられてプレゼントももらうことができました。トーテムポールの前で、ロシア人のローマンに肩車されて写真を撮った時は怖かったけど、楽しかったです。

日本のアニメや音楽が好き、というロシアと韓国の生徒がいて(スタッフの人も)、他の日本人の子と会話が盛り上がっていました。夜のアクティビティーでは、いろんな国の人とグループになったり、一緒にゲームをしたりしてたくさんコミュニケーションが取ることができました。

 

ILSCジュニアキャンプ at UBCプログラム紹介ビデオもご覧ください。
⇒ YouTubeチャンネル登録はこちら

Related posts

Top

All ELICOS programs are part of the English Language Programs for International Students CRICOS Code: 060152J.
ILSC (Brisbane) PTY LTD is trading as ILSC-Brisbane, ILSC-Sydney, ILSC-Melbourne, ILSC Business College and ILSC Australia RTO Number 31564, CRICOS Code: 02137M.