サンフランシスコ留学体験談

ILSCサンフランシスコ校フェイスブック投稿より

 

サンフランシスコに留学、ILSCサンフランシスコ校で学んだタカヒロさん

ilsc-sanfrancisco-student-takahiro

 

サンフランシスコに3ヶ月間滞在しました。そんなに長い期間ではありませんでしたが、これまでの人生の中で一番やりがいがあり、刺激的で、とてもすばらしい時間となりました。旅を始める前にはとてもナーバスになっていました。でもそれは不思議なことではありませんでした。当時はおかしな英語のフレーズを使っていたので、自分の話す英語がなかなか通じませんでしたし、アメリカには知り合いもいなかったからです。数日経つと、英語のスキルのなかでも特にリスニングとスピーキング力のなさにイライラし始めました。「思うように話せない。」と真剣に悩みました。

当時英語で綴った日記にこんなことを書いていました。

“Jan 2nd. I am in San Francisco. It is very annoying that I can’t speak English well. My English is awful. My host mom and my friend Paula are very kind and great people. But I cannot understand all of what they say. I feel very sorry. I want to talk with them more frequently soon. I hope that my school days will be happy.”

「1月2日 サンフランシスコにて 英語がうまく話せないのがとてももどかしい。自分の英語はひどい。ホームステイマザーやパウラはとても親切で、すばらしい人たち。でも、言われていることをすべて理解できない。とても残念。早くもっと自然に英語で話ができるようになりたい。学校生活を楽しく過ごせますように。」

 

ilsc-sanfrancisco-with-homestay-family

 

英語がもっと上手くならないといけないという強い思いはありましたが、孤独に感じることはありませんでした。できることは一生懸命勉強することと笑顔を絶やさないことでした。それは学ぶためだけでなく、笑顔で人と話せるよう自分自身を励ますためでした。そのおかげで、ポジティブでいられ、いろいろな人と話をすることができ、みんなと海外の友人になることができました。

 

ilsc-sanfrancisco-classmates

 

ILSCは留学の旅のとても大切な一部となりました。ILSCはすばらしく、本当に感謝をしています。おしゃれで交通の便もいいエンバカデロにあります。先生は学生の英語の上達に熱心で、学生もみんな頭がよく、フレンドリーです。

ILSCには、英語オンリーのすばらしいルールがあります。同じ国出身の学生もキャンパスでは他の言語で話してはいけません。もちろんこれは簡単なことではありません。でも、このルールは本当に価値があり、英語での「コミュニケーション」の上達に大いに役立ちます。英語は文法、スピーキング、リーディングだけではありません。

 

ilsc-sanfrancisco-trip-with-school-friends

 

数週間が過ぎると、サンフランシスコでの暮らしにもすっかり慣れました。友達と出かけたり、レジデンスで集まったり、放課後にバスケットボールをしたり、映画に行ったり、サイクリングをしたり、ピクニックを楽しみました。ラスベガスやレイクタホ、ニューヨークにも旅行に出かけました。

 

ilsc-sanfrancisco-farewell-party-with-firends

 

サンフランシスコを離れた人を除き、たくさんの知り合いがお別れパーティに来てくれました。とても幸せに感じました。親切にされたことは本当に忘れられません。みんなにサインをしてもらった旗は、今家の壁に飾っています。すべてを言い尽くすことができませんが、この旅で学んだ一番大切なことは「挑戦する」ことでした。間違いもたくさんしました。ラスベガスのクラブのドレスコードを知らず、白いスニーカーを履いて行ってしまったり、幼稚園でボランティアをしたときには、英語が上手く伝わらず、子供たちにからかわれたりもしました。挑戦したときには、もちろん失敗をすることがあるかもしれません。でも、失敗は成功のもと。今は、笑顔で毎日少しずつ前進し続けています。

 

ILSCサンフランシスコ校紹介ビデオもご覧ください。
⇒ YouTubeチャンネル登録はこちら

Related posts

Top