井上景可さんのグレイストーンカレッジTESOLディプロマプログラム留学体験談

greystone-college-graduation-tesol-program

TESOL英語教授法の資格を取得するため留学

大学時代から学生講師として英語指導に携わっておりました。本来ならばそのまま予備校業界へ就職する予定でしたが、実際の教育現場で抱いた日本の英語指導とネイティヴメゾットの相違点、細かい英語表現のニュアンス、そして今後日本で展開される4技能教育の導入へ向けた指導法を研究する必要を感じていました。そこで、留学をしてTESOL英語教授法の資格を取得することに決めました。

 

メジャーリーグのあるトロントへ

toronto-bluejays-ilsc-greystone-college

資金面の問題で現地でも働くことができるようにワーキングホリデーでの渡航でした。留学先には、メジャーリーグが観戦できる都市を強く希望していたので、ワーキングビザが発行される都市のなかで、唯一プロチーム(ブルージェイズ)が存在するカナダのトロントに決め、TESOLディプロマプログラムのあるILSC/グレイストーンカレッジに入学しました。

 

TESOLディプロマプログラムで学ぶ

greystone-college-toronto-tesol-diploma-graduation
グレイストーンカレッジのTESOLディプロマプログラムには、担当の先生が2名いらっしゃいました。午前担当のMina先生には、認知言語学や生成文法といった教育理論について、午後担当のWendy先生には、実際のクラス現場での授業構成や教材の収集法などの実践的な方法論について教えていただきました。

 

研修授業ではクラスメートと支えあう

ilsc-toronto-greystone-college-keika-inoue
クラスメートの8人は私以外全員韓国人で最初はとても不安でしたが、3ヶ月間の共同生活を通じて、今まで近そうで遠かった韓国の人たちと交流ができ、とても濃密な日々を過ごすことができました。特に最終セッションの研修授業週間では、お互いにアドバイスを出し合い、授業で失敗して凹んでいる友達を慰めに飲みに行くなどして、協力して無事全員卒業することができました。バスケ・野球をはじめ、スポーツに熱狂的なトロントでの生活は、こうした厳しいプログラムをこなすなかでも、とても充実した日々でした。

 

グレイストーンカレッジウェブサイト

Related posts

Top