田島奈津美さんの海外ボランティアインターンシップ、ブリスベン留学体験談

インターン先でのNatsumiさん(写真左)

ブリスベンのインターン先でのNatsumiさん(写真左)

ボランティアインターンシップで大学卒業前の就労体験を

ブリスベンに留学をするとき、現地の大学で学ぶか、語学学校で英語を学んだ後インターンシップをするかの選択がありました。ILSCのボランティアインターンシッププログラムを選んだ理由は、日本で大学を卒業する前に、就労経験が必要だと考えたからです。

インターンシップは地元のカレッジで行いました。人気のあるTESOL(英語教授法)専門カレッジで、キャンパスとオンラインでも教育を提供しています。卒業生には、海外での就職支援もしています。

インターンの仕事では、電話応対、メールのやり取り、語学学校や英語学習のオンラインリサーチ、新入生のお手伝い、TESOL模擬レッスンの受講、教師向けコースガイドの編集、eブックの編集、デスクワークなどに携わりました。中でも日本の英語学校の調査が興味深かったです。インターン先のカレッジでは、近年日本とベトナムに力を入れており、このふたつのマーケットに関係する仕事が多かったです。

一番難しかったのは、電話応対でした。今はで経験も積み、だいぶ慣れましたが、それでもインターンシップの中で特に難しい業務となりました。

将来のキャリアについてはまだ漠然としていますが、就職する企業の大きさには関わらず、自分が何ができるのかがもっと重要だと感じています。

オーストラリアに来る前にインターンシップの準備をしている際には、学校で働くことになるとは思いも寄りませんでした。将来のことを考えたときに、人と人との距離の近い職場で働きたいと感じていました。それをインターンシップコーディネーターにも伝え、このインターン先が見つかりました。学校で働くのは初めてだったので、最初は緊張しましたが、視野を広げることにつながりました。インターンシップに興味のある学生にはお薦めのプログラムです。

 

ILSCブリスベンキャンパス紹介ビデオもご覧下さい。
⇒ YouTubeチャンネル登録はこちら

Related posts

Top