鈴木雅哉さんのオーストラリア・ワーキングホリデー、メルボルン留学体験談

ilsc-melbourne-masaya-suzuki-working-holiday

英語に浸るためワーキングホリデーでのメルボルン留学を決意

幼いころに父親の仕事の関係でタイのバンコクに住んでいたことがあり、海外での生活や外国語を使った仕事に興味を持ちました。せっかく英語を勉強するならとことん挑戦したい、そう思いワーキングホリデーでの留学を決意。ワーキングホリデーなら英語を使って仕事をすることができると考えたからです。

メルボルンを留学先に選んだのは過去にホームステイをしたことがあり馴染みがあったというのもありますが、世界で最も住みやすい都市に選ばれたメルボルンでは移民が多く、多国籍な人と交流することができると思ったからです。

少人数制、英語オンリーの学習環境で英語力アップ

ilsc-melbourne-graduation
徹底的に勉強したいと思っていたのでILSCの英語オンリーの環境に惹かれました。また、新しくできたばかりの学校だと聞いていたので、少人数で先生としっかりと向き合って勉強できるという点はとても自分に合っていました。

クラスでは、なにより発言することが大切でした。というのも、プレゼンテーションやグループワークなどの機会も多く自分の意見をしっかりと伝えることが重要だったからです。授業を通して伝えることの大切さを再認識、苦手だったコミュニケーション能力を養うことができたと思います。クラスの雰囲気もとてもよく皆が英語を真剣に勉強してきているので、自分にとってもよい刺激になりました。先生も授業の内容をしっかりと考慮し、生徒それぞれのレベルに合わせて教えてくれました。先生との距離も近く、授業中にわからなかったことはもちろんプライベートなことまで相談に乗っていただきました。

入学当初はうまく自分の意見を伝えることができず、日本人カウンセラーの方にアドバイスを頂いたこともありました。日本人カウンセラーの方が常に気を配ってくれていたので、学校生活での不安はありませんでした。英語がうまく話せなかった自分の代わりに先生に意見を伝えてくれたこともあり、とても助かりました。また施設の整備をはじめ、授業内容のことまで生徒たちの意見をすばやく取り入れてくれたため、とても快適に過ごすことができました。

課外活動でメルボルンの人と街を満喫

ilsc-english-through-melbourne
語学交換会(ランゲージエクスチェンジ)に週1回参加して、現地の人はもちろん多国籍な人と出会い、話す機会を設けました。学校では確かに英語で会話しますが、自分にはさらに会話する機会が必要だと思ったからです。

学校では月に2回、学校の先生がメルボルンのお勧めスポットを案内してくれるツアーがあり、それを通してメルボルンの歴史や文化を知ることができました。生徒同士で遊びに行ったり食事はもちろん、天気のいい日は公園でBBQをすることも。友達との交流を通して英語を話すことへの抵抗が全く無くなり、さらに自分の想いを伝えたい、勉学に励むことができました。

日本に帰国後は大学を卒業し、興味のある通訳の仕事を視野にいれて勉強を続けるか、他の国に留学を検討しています。
ilsc-melbourne-campus-blue-day

ILSCメルボルン校の詳細は、ILSC日本語サイトILSCメルボルンページをご覧ください。

Related posts

Top